銀行融資とローン会社

 

融資を受ける際に、一番信用がおける金融機関と言えば、銀行でしょう。それもメインバンクとしているところなら、融資のスムーズに受けられます。融資の内容が具体的なものであれば、○○ローンというような商品を利用することで、お得な利子での融資を受けることができます。時期的なキャンペーンの場合特典付きのもあり、今なら低金利というものがあればなお利用しやすいと言えます。そのほか、予め口座を持っている銀行の融資の中で、使途を明らかにしなくても自由ローンは、お好きなものに使える便利なローンです。一方、融資の矛先をローン会社に求めることも可能です。メインバンクではなく、ローン会社では、融資に特化している会社ですから、借りやすさから行くと、ローン会社が良いという方もいらっしゃいます。両者の決定的な違いは、審査のスピードと利子の高さにあります。銀行は低金利ですが、審査に時間がかかります。ローン会社は、即日現金もOKなかわりに、利子が高いというデメリットがあります。また、最近では、銀行内でのカードローンなどでも多額の融資をしていますが、こちらは銀行の融資ではなく、銀行の系列会社のローン会社からの融資です。ですから、名称こそ銀行名ですが、内容はローン会社ということになります。何れにしても、融資の額と手元に来る時間の速さなどを勘案して、銀行融資にするかローン会社にするかを検討してみてください。ローン内容によっては、時間はかかりますが銀行融資が有利な場合が多いです。